2018年8月31日

いつ用意すればいいの?婚約指輪を準備するタイミング

プロポーズを決めた段階で購入する場合

婚約指輪は相手の女性と本気で結婚したいという意思表示として利用されているので、多くの人はプロポーズ前に婚約指輪を準備すると言われています。

サプライズでプロポーズをする場合は女性の好みの指輪のデザインや大きさを確認することが難しいので、事前に情報収集をしておくことが必要です。特に婚約指輪には様々なブランドがあり、女性の中にはこだわりを持っている人もいます。一生に一度のものなので、強いこだわりを持っている女性相手の場合はしっかり情報収集しておくことがおすすめです。

それが難しい場合はあえて女性と一緒に婚約指輪を見に行き、購入してからプロポーズをするという方法もあります。

結婚が決まってから購入する方法

もう一つのタイミングとして利用されているのが、結婚が決まってから準備をするというものです。結婚が決まった段階で購入しておくことによって、周囲に婚約中であるということをアピールすることができます。また女性と一緒に婚約指輪を見に行くことができるので指輪選びに失敗するというリスクが少なく、予算なども話し合って決めることができるというメリットがポイントです。

注意点として、婚約指輪だけではなく結婚指輪の準備も同時進行になるケースが多いです。そのためまとまった出費になってしまうので、その点を踏まえて購入を検討します。

結納や顔合わせのタイミングで購入する方法

ほかにも、結納や顔合わせをするタイミングで購入を検討するという人も少なからずいます。こちらの場合は両親が揃っている場で手渡すことによって、婚約記念品という意味合いを持たせることができます。場合によっては結婚指輪を準備することもありますが、両家が揃っている中で渡すという儀式的な雰囲気を演習できるところがポイントです。

婚約指輪といえばダイヤモンドが定番です。でも必ずしもダイヤを選ばなくてもよいのです。ダイヤ以外の宝石を選べば、同じ価格でより高品質なものを選ぶことも可能です。オリジナリティもあって素敵ですね。